チョコレートスタジアム | おもしろ&義理チョコ通販専門サイト
キャッシュレス5%還元
愛ある義理チョコ応援します!
300円以下の義理チョコ特集 スポーツ系チョコ
ちょっとHなチョコ特集 ユニークチョコ・おもしろチョコ特集
職場の上司・同僚にぴったり義理チョコ特集 チョコスタオリジナルチョコ特集 ポチ袋チョコ特集
キャッシュレス還元
送料無料
2月14日までにお届け
スタッフおすすめランキング
イチオシ商品

粗品チョコ

粗品チョコ

お札チョコ

お札チョコ
カテゴリー チョコスタオリジナルチョコ 2020年新商品 ユニークチョコ・おもしろチョコ スポーツ系チョコ ちょっとHなチョコ お配りチョコ ちょっとおしゃれなチョコ 感謝系チョコ ラッピングアイテム
QRコード
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
休業日
ブログ
インスタグラム
ご利用ガイド
よくあるご質問
メルマガ登録
 
チョコっとばなし


バレンタインってなんで2月14日なの? チョコレートとチョコレート菓子って何が違うの?
などなど、バレンタインとチョコレートにまつわるあれこれをチョコッとお話しちゃいます。

ハート バレンタインの起源はローマ帝国時代?!


ローマ帝国の皇帝・クラディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると
士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止していました。

ところがキリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させていました。
それが皇帝に知られ、捕らえられて処刑されてしまいました。
その処刑日に選ばれたのが、2月14日でした。

2月14日は家庭と結婚の女神・ユノの祝日であり、
翌日15日のローマでの未婚女性・男性のための伝統的なお祭りの前日である、
ということからあえて処刑日に選ばれたと言われています。

そこからキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、
恋人たちの日となったと言われています。
バレンタインも、キリスト司教の名前だったのです。

※この逸話はあくまでも一例であり、実際には諸説あるようです。

ハート 日本でのバレンタインデーは1950年後半から始まりました!


2月14日が恋人の日となり、時は流れ、 欧米では男女問わず、
愛の言葉を書いたカードや贈り物が贈られるイベントとして定着しました。

日本では、来日外国人の間で一部で行われたのが始まりです。
本格的に日本に定着したのは1970年代後半からと言われており、
日本独自の進化を遂げました。

ハート 義理チョコとホワイトデー


1970年代後半頃に女性から男性へ愛情を伝える【日本型バレンタインデー】
が定着すると、1980年代前半にはホワイトデー義理チョコが誕生しました。

ホワイトデーはバレンタインデーのお返しとして、
福岡県の和菓子屋がマシュマロデーを作ったのが始まりで、
そこからホワイトデーと呼ぶようになったと言われています。

義理チョコは、感謝の気持ちやコミュニケーションの円滑化をはかるために、
女性から男性に対して贈り物をするイベントとして位置づけられています。 返礼、感謝など、日本人らしい気遣いが伝わるイベントへと発展したのですね。

ハート バレンタインの愛の言葉


欧米ではバレンタインカードの決まり文句があるそうです。

From Your Valentine(あなたのバレンタインより)
Be My Valentine(私のいとしい人になって)
バレンタインの由来となったといわれる、殉教者バレンティンにちなんだ言葉です。

Happy Valentine!(素敵なバレンタインを!)なら、
義理チョコを贈るときに使ってもOKですね!

ハート チョコレートはカカオの割合によって、4種類に分けられています


チョコレート製品には、
(1)チョコレート
(2)準チョコレート
(3)チョコレート菓子
(4)準チョコレート菓子
の4つがあることをご存知ですか?

生地全体に占めるカカオの割合が、60%以上のものはチョコレート、
60%未満のものは準チョコレートと分けられています。

さらに、チョコレート生地(準チョコレート生地)60%未満と、
ほかの食材と組み合わせた加工品のことを、
チョコレート菓子(準チョコレート菓子)と区別されています。

ハート 生チョコレートってなに?


日本で生チョコレートと表示できるのは、以下の基準を満たしているものだけです。
・チョコレート生地が全重量の60%以上
・クリームが全重量の10%以上、かつ水分(クリーに含有されるものを含む)が全重量の10%以上
・上記のチョコレートを全重量の60%以上使用した加工品(名称はチョコレート)
・上記のチョコレートを全重量の40%以上60%未満使用した加工品(名称はチョコレート菓子)

ハート ミルクチョコ、ビターチョコ、ホワイトチョコのはなし


■ミルクチョコ
その名のとおり、乳製品(全脂粉乳、脱脂粉乳、クリーム粉乳)の
入ったチョコレートのことです。

■ビターチョコ
乳製品が入らない、カカオマス40〜60%のチョコレート。
ブラックチョコ、スイートチョコ、ダークチョコ、プレーンチョコとも言われます。

■ホワイトチョコ
ココアバターにミルク、砂糖などを加えて作る「チョコレート」。
カカオ豆の主成分であるココアバターを原料としていて、
このココアバター、バターというだけあって乳白色。
それでチョコレートも白いのです。